野頭の滝 [八頭郡若桜町]
 八東川に注ぐ来見野川の上流、諸鹿渓谷にかかる諸鹿七滝の一つ「野頭(のがしら)の滝」。高さは15m。渓谷の奥座敷に悠然と腰を据えた優雅な滝である。
 鳥取市から国道29号を南下し、八東町富枝地区から左折して細見谷へ向かう。妻鹿野地区を過ぎて右の開拓道路に入り、急坂の曲がり道を登り詰めると広大な広留野高原がひらける。
 開拓された広い畑地に農家が点在する中を奥へ進む。「大鹿滝」への標識を右に見て1km足らず行くと、右手に扇ノ山登山道が延びる。 それを少し進み、右の大自然林に入って約50mの谷底へ向かう。道の無い急斜面を、雑木につかまり足元を確かめながら降りる。谷底の川原に立つと、上流に水煙をあげている瀑布が見える。
 切り立つ断崖の岩間から、幅広い水柱が、しぶきを飛ばして青い滝つぼへ吸い込まれている。
 この滝は、広留野の一番奥(頭)にあるところから「野頭の滝」と名づけられたと聞く。この名瀑も通ずる道が無く、訪れる人も稀のようで惜しまれる。



大鹿 滝 [八頭郡若桜町]
 八東川に注ぐ来見野川上流、諸鹿渓谷にかかる諸鹿七滝の一つ「大鹿(おおが)滝」。 高さは30m。突き出した岩上から一直線に落下するさまは、奇観、壮観である。
 鳥取市から国道29号を若桜方面へ。途中の八東町富枝地区から左の細見谷へ進み、妻鹿野地区を経て右の開拓道路に入る。急な曲がり道を登りつめると、眼前に広大な広留野高原が現れる。
 広い畑地と点在する農家を眺めながら進み、標識に従って駐車場へ。そこから大自然林の中の急な坂道を、だんだんと高くなる水音にせかされるように下る。水音が一段と高まったところで眼下に川原が広がり、その一隅に白い直線の水流が突き刺さる ように落ちる「大賀滝」が姿を見せてくる。
 川原上流の岩盤の断層は、裾が洞窟のように浸食され、上部はひさし状に突き出て、そこから直下に白流が鋭く落下しており、薄暗い岩窟に水煙が映えて見事なコントラストを見せている。岩窟の裾を巡れば裏見の滝として眺められる。 また、岩窟の奥には賽銭などが散らばっていて、この滝が、古来深い信仰を集めていたことがうかがわれる。



三条の 滝 [八頭郡若桜町]
 来見野川上流の諸鹿渓谷にかかる諸鹿七滝の一つ「三条(さんじょう)の滝」。高さ23mの岩場を、見事に三条に分かれて落ちる珍しい景観の滝である。
 道順にある「大鹿滝」を経て、「出合の滝」の頭を通り、「雲龍の滝」に着く。「三条の滝」はその上流にあるのだが通じる道がない。「雲龍の滝」の正面を飛沫を浴びな がら谷川を渡り、右の沢の急斜面をよじ登って滝頭を巻き、上流へと進む。一帯はモミジ、トチなどの天然木に覆われて薄暗く、秘境の感が深まる。谷川沿いに100m余り上ると「三条の滝」が見えてくる。
 正面に立って見上げる滝は、狭い岩間を流れ出た白流が、急斜面の岩盤に砕けて広がり、三条の水柱となって落ち、滝つぼに美しい白輪を描いている。誰が名付けたか、ま さにその名のとおり。三筋の水音が競う瀑音は、静寂な山峡にこだまして辺りを包み、豪快なたたずまいをみせている。  この名瀑も訪れる道が無く、大方の人々に知られていないのが惜しまれる。



雲龍の 滝 [八頭郡若桜町]
 来見野川上流の諸鹿渓谷にかかる諸鹿七滝の一つ「雲龍(うんりゅう)の滝」。高さは28mで、水量はかなり多い。秘境にごう音をひびかせながら、四条の白流が並んで落ちる見ごたえのある滝である。
 道順にある「大鹿滝」の落ちる岩窟の裾を巡って左岸に渡り、自然林の中の遊歩道を少し下ると、もう一つの谷川との合流点に落ちる「出合の滝」の頭に着く。そこから標 識に従って山道に入る。巨木の覆う山道を谷川沿いに400mほど上ると、荒々しい川原の行き止まりの岩壁に落ちる「雲龍の滝」が見えてくる。
 洞窟の頂にせり出た岩上から、四条の水流が整然と落下するさまは、天雲に昇る龍に似て、山峡に瀑音をとどろかせ、まさに奇観、壮観である。飛び散るしぶきは周囲の緑を一層ひきたてており、陽光を受けて七色の虹もたつ。
 この滝の右の沢を登って滝頭を巻き、100m余り上流に行くと、三筋の白流が落ちる「三条の滝」がある。



出合の 滝 [八頭郡若桜町]




 左の滝
 来見野川上流の諸鹿渓谷にかかる諸鹿七滝の一つ。谷川の出合いに並ぶ二つの滝で、左24m、右26mの岩頭から競って落ちるさまは、他に見られない景観である。
 諸鹿七滝の代表的な、「大鹿滝」の落ちる岩窟の裾を巡って左岸に渡り、山裾の遊歩道を少し下ると、もう一つの谷川との合流点に着く。そこの両方の谷川にかかっている のが、ロマンチックな名称の「出合(であい)の滝」である。滝は遊歩道から木の葉がくれにみおろせるが、滝を正面から眺める谷底に下りる道はない。左岸側の原生木の覆 う岩場にしがみつき、小枝につかまりながら深い谷底の川原に下り立つ。
 上流に向かって左の滝は、切り立つ断崖を、幅広い水柱が美しい紋様を交えて落ち、優雅なたたずまいを見せている。右の滝は、自然木に包まれた荒々しい岩間を、大小の 白流が跳ね落ちて周囲の緑を濡らし、野生的な美しさを感じさせる。
 左右の瀑布が競う水音は幽谷にこだまし、水煙が肌を冷たくなでる。実に勇壮、爽快な大自然の演出である。

この滝は危険だそうです、下りないように !
右の滝 







権現 滝 [八頭郡若桜町]
 八東川に注ぐ舂米(つくよね)川上流にかかる「権現(ごんげん)滝」。 氷ノ山スキー場のふもとで、氏神さんにちなむ伝説を秘めた石渓に落ちる、 高さ17mの美しい滝である。  鳥取市から国道29号を若桜方面へ。若桜の街を過ぎてまもなく左の県道に入り舂米 地区へ向かう。両側に迫る深い杉林を縫い、つづら折りの急坂を上りつめると、最奥地 の舂米集落に着く。集落の入り口付近から左に見下ろす坂道を谷底へ下り、左岸を少し 上流へ行くと正面に「権現滝」が見えてくる。  トチ、カツラなどの巨木に覆われてほの暗い谷底の両岸に、水草の密生した巨岩が林 立する。その狭間を一気に落ちる白流が、周囲の緑に鮮やかに映えて、美麗で神秘なた たずまいを見せている。  この滝は、すぐ上流に「舂米神社」があり、古くは「蔵王権現」と称されていて、こ の聖域にあるため、別名「神社大滝」とも呼ばれ、滝に石を投げ込むと大雨が降るとい う伝説もある。ここから約500m下流に、高さ10mの「肥滝」がある。