今 滝 [東伯郡東郷町]
 鉢伏山を水源とする舎人川の上流端に位置する「今(いま)滝」。高さ42mの絶壁 を水煙をあげて一直線に落下し、豪快で厳粛なたたずまいを見せている。
 国道9号の原地区から松崎方面への県道に入り、しばらく行くと左手に案内標識があ る。そこからJR踏切を渡り北福地区へむかう。途中に立つ標識に従って進み、集落を 抜けてから約1kmで駐車場に着く。駐車場の奥には小さな鳥居が建ち、その向こうに滝 への遊歩道が延びている。杉と自然木に覆われた閑寂な遊歩道を進むと、途中に休憩舎 が建ち、周辺は親水公園として整備されている。200mほどで瀑音が迫り、行き止ま りの広がりの中に滝が姿を現わしてくる。老木にうっ蒼と覆われ、三方を絶壁に囲まれ た岩頭から、躍り出た白流が一本の水柱となって一気に落下しており、滝つぼを叩く水 音と飛び散るしぶきで近寄り難い。ほの暗い断層の空間に白流が映え、幽玄神秘な雰囲 気を感じさせる。右手の岩壁の中腹には不動明王を祀る小さな祠がある。この滝の信仰 は古く、毎年滝開きの日には、神官、僧侶が同時に祈願する風習が続いていると聞く。



不動 滝 [東伯郡東郷町]
 鉢伏山系に源を発し、舎人川に注ぐ谷川にかかる「不動(ふどう)滝」。高さ33mの 岩頭から、うっ蒼とした滝つぼへ広がり落ちて、尊厳な風情を漂わせている。
 国道9号の原地区から松崎方面への県道に入り、しばらく行くと左手に滝への案内標識 がある。そこからJR踏切を渡り漆原地区へ向かう。途中随所に立つ標識に従って進み、 集落を抜けてから約500mで駐車場に着く。駐車場には休憩舎が建ち、左の山裾にキャ ンプ場、フィールドアスレチックなどによる自然公園が設けられている。休憩舎の前を通 って、緑の木々に囲まれて閑寂な中の十数段の石段を上れば、すぐに水音が迫り滝が見え る。生い茂る樹林に覆われてほの暗い中に、岩肌を跳ねた白竜が、大きく広がり水膜を作 って流れ落ちている。その水煙と音響が滝つぼから跳ね返り、周囲の古木と調和して、訪 れる人に霊気を感じさせる。滝の上部は深い木立に隠れて見えない。時には木立を漏れる 陽光が、飛沫に映えて虹を見せるという。右手の小高い山肌には、不動明王を祀る祠が建 ち、古来より信仰を集めていて、毎年夏には滝開きの神事が行われると聞く。



不動 滝 [東伯郡関金町]
 小鴨川支流の矢送川に注ぐ滝川にかかる「不動(ふどう)滝」。高さは55m。大滝 山の霊場に荒々しくも厳しゅくに落ちる滝である。
 倉吉市から国道313号を関金方面へ。関金温泉街の入口を過ぎてすぐに左の県道に入 り、1.5km ほど行った滝川集落の入口から滝への標識に従って町道に入る。1kmほど進む と、古木に囲まれて厳かに建つ「大滝山観音堂」に着く。堂の上手には「文殊菩薩」の石 像が祀られ、右前方には「文殊岩」とあがめられる奇岩がそびえる。滝はこの霊域から1 50mほど奥の左山裾に落ちている。自然木に囲まれてほの暗い十数段の石段を上ると、 右手に見上げる荒い岩盤の頂から、白流が踊り跳ねて美しい紋様を描き、多段に向きを変 えながら滑り落ちている。小さな滝つぼのほとりには、大小の「不動明王」の石像が建っ ていて、この浄水に身を清めて信仰を深めた往時を感じさせる。
 ここの「観音堂」は、関金宿にある地蔵院の奥の院として信仰を集め、毎年夏にはお祭 りが行われるという。辺りには休憩舎が建ち、下流には林間広場が設けてある。



馬場の 滝 [東伯郡三朝町]
 天神川支流の加茂川に注ぐ谷川にかかる「馬場(ばば)の滝」。高さは約15m。深い 谷間で人の訪れを待つかのように、じっくりと落ちついた流れを続けている。
 倉吉市から国道179号を南下。若宮地区から左折して、県道を加茂川沿いに奥地へ進 み、小河内地区を過ぎて右の福吉方面へ向かう。1kmほど行くと、左に大きくカーブする 右側に広がりがあって、そこから谷底へ下りる。赤松が混生する雑木林の中の急な坂道を 下って行くと、徐々に水音が高まり、谷底の上流に滝が見えてくる。
 川原に立って見上げる滝は、それほど高くはないが、水量が豊富で、荒い岩肌に砕けた 白流が末広がりに落下している。そのしぶきは周りの緑を濡らして輝かせ、訪れる人に冷 気を運んでくる。うっそうとした自然林に覆われた谷底で、広い滝つぼにどっしりと腰を 据えて、美しいたたずまいを見せている。
 滝頭の上流にある小さな岩窟には、不動尊が祀られていて、新鮮な花が供えてあり、こ の滝が絶えない信仰を集めていることがうかがわれる。



牧 の 滝 [東伯郡三朝町]
 天神川に注ぐ谷川の奥地にかかる。地名から「牧(まき)の滝」と呼ぶ。高さ25m余 りの幽谷の岩場を落ちる滝で、古来、修験者の行場として賑わってきた。
 倉吉市から国道179号を南下する。牧地区の旧道に入るとすぐ案内板があり、そこか ら右の山道に入る。杉林などが続くなだらかな山道から、ツバキ、カシなどが茂って冷気 が包む林を抜け、荒い岩場の険しくなる道を上って行くと、やがて切り立つ断がいと大自 然林に挟まれた谷底の行き止まりに着く。約2kmの道程である。見上げる30m余りの岩 壁をクサリを伝ってはい上がると、岩間をまたいで「奥の院通夜堂」が建っている。そこ から二十段ほどの石段を上った奥に心を洗い清める滝がある。仰ぎ見る荒々しい岩盤を水 流が砕け、パシパシと音をたてて落ちている。その水音が深山の静けさの中で鋭く耳を打 つ。滝の前の岩肌には、二十体ほどの仏像が祀られていて、尊厳な雰囲気を感じさせる。 以前には法師が住み、滝に打たれて病気平癒を祈願する信者も多かったと聞くが、近年は 地元の礼拝堂で祈願し、例祭だけが今なお続けられているという。



大山 滝 [東伯郡東伯町]
 大山連峰から流れ出た水が地獄谷を彫って瀑布をなした「大山(だいせん)滝」。大山 隠岐国立公園の奥座敷ともいえる加勢蛇川の上流に位置し、高さは二段合わせて約100 m。”日本の滝100選”にも選ばれた、山陰地方随一を誇る二段滝である。
 国道9号のJR浦安駅前西寄りを標識に従って県道に入る。南下して三本杉地区から一 向ケ平を抜け駐車場に着く。そこで管理棟に入山届をして遊歩道に入る。700mほど先 の吊り橋を渡るとすぐ下手に「鮎返りの滝」がある。「大山滝1km」の標識に従って山道 に入ると、途中には無縁仏の石像が点在し、たたら師や木地屋の住居跡があって、この山 中で地場産業が営まれた往時がしのばれる。大自然林の続く中をしばらく進むと谷底から 瀑音が迫り、滝を見下ろす場所に到達する。滝つぼへは急な坂道を下りる。二つの瀑布が 上下に連なり、ごう音をたてて落下するさまは実に豪快で、周囲の雄大な景観とよく調和 して、訪れる人を堪能させてくれる。この滝は、もともと三段の滝であったが、昭和9年 の大水害で崩れて二段になったといわれ、もとの三段滝の写真が管理棟にある。



鱒返しの 滝 [東伯郡赤碕町]
 日本海に注ぐ勝田川上流の渓谷に腰を据える「鱒返(ますがえ)しの滝」。高さは上下 合わせて約40m。断崖に幾条もの白流が綾なす美麗な二段滝である。
 国道9号の赤碕から船上山への標識に従って県道に入る。奥へと11kmほど行くと、右 手上方に勇壮な船上山屏風岩がそびえ、その裾野に「少年自然の家」が見えてくる。さら に1kmほど進んで鱒返滝橋を渡ると案内板があり、そこから遊歩道に入る。杉や雑木の混 生する中を、渓流の瀬音を聞きながら250mほど上ると展望台があり、正面に滝が見え る。深い谷間をくぐり抜けた清流が、岩場の急斜面を幾条もの白流となって踊り広がり、 美しい縞模様を描きながら流れ落ちる様相は、鰹の側腹の縞にも似て、自然が営む奇観、 壮観である。さらに岩穴の滝つぼから白流となって下段へ滑り落ちて、周囲の緑と鮮やか なコントラストを見せている。さすが清流を好んで遡上する勇猛な鱒も、この絶壁を撫で る滝には、なすすべもなく引き返すであろう。滝の名称の由来が容易に想像できる。この 滝からすぐ近くに、船上山の絶壁を落ちる「千丈滝」がある。



千丈 滝 [東伯郡赤碕町]
 船上山の断崖にかかり、勝田川の上流に注ぐ「千丈(せんじょう)滝」。垂直に切り立 った高さ60m余り(実測では100m余ともいわれる)の岩場を、雌雄二条の白流が並 んで落ち、壮大な自然美をつくり出している。
 国道9号の赤碕から船上山への標識に従って県道に入り。奥へ11kmほど進むと、右手 の山裾に「少年自然の家」が見えてくる。そこから約1km奥の「鱒返しの滝」入口を左に 見て、さらに800mほど行くと、左手にそびえる屏風岩を見上げるところに千丈滝展望 駐車場がある。遠望する滝は、大屏風を引き回したような岩壁に二条の白流を刻む。左が 雄滝、右が雌滝で、二つを合わせて「千丈滝」と呼ばれる。深い茂みの中に吸い込まれる 水流。周囲の険しい岩肌には老松が茂り、一幅の名画を見るようである。船上山登山道か ら横手道に入り、滝つぼの手前から眺める滝は一段と迫力を増す。雄滝は一直線に落下し て荒々しさを見せ、雌滝は岩肌を撫でて柔和に流れ落ちている。船上山に上り、屏風岩を 真下に見下ろす”千丈のぞき”の岩場から眺める滝も、また素晴らしい。