谷の観世音菩薩
 石門
 谷部落の中央に「観音妙智力 能救世間苦」と書いた石門が立っている。
 この石門をとおり、急な山坂道を登ると、国府平野が眼下に開けてくる。 一息してさらに石段をのぼりきると「峯勝山円城寺」の祈願所「谷の観音堂」がある。 「因幡観音十八番札所、谷の観音さん」として古くから信仰された観音菩薩である。

 本尊は「千手観音菩薩」で縁起録によれば四十五代聖武天皇の御代、光明皇后御安産の 祈願のため仏師行基に仏像をきざませ、その一つを、伝教大師が京都の比叡山よりこの祈願所 にうつしたと伝えている。

 更に聞けば゜平安の頃、因幡国守、大江貞基はこどもに恵まれなかったが、千手観音の霊顕あらたかなのを 聞き夫婦揃って参籠、授かったのが和歌にすぐれ京で名をしられた「和泉式部」であると。 貞基が住った湖山旧街道の大江屋敷跡には産湯の井戸があり、山麓には臍の緒を埋めた胞衣塚も残っている。
本尊千手観音   


走゚る▲KOKUFUへ戻る