新井の石舟
 家形石棺
 新井の部落を通り抜け谷あいの道を百メートルばかり上ると部落の墓地につく。 そこに”新井の石舟”と呼ぶ古墳が開口していて、中に長さ1.5メートル、横1メートル深さ0.7メートル の家形石棺がある。凝灰岩を巧みに加工したもので、これには次のような伝説がある。 源平の頃安徳天皇が岡益に潜行され、その後崩御された。石舟はこのお供の二位の尼を葬ったので”二位の石舟”と いわれていると。 尚この石棺には常に水をたたえていて、もしこの中の水をかき乱すと百日間雨が降り続くという言い伝えも残っている。 地元新井部落では古墳前に籠堂を建て、縁日を定め、”二位の石舟”伝説により供養の祀りを今に伝え行っている。

走゚る▲KOKUFUへ戻る